メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

METALLICA (メタリカ)商品一覧

QUEEN (クイーン)商品一覧

JUDAS PRIEST (ジューダス・プリースト)商品一覧

HELLOWEEN (ハロウィン)商品一覧

SLAYER (スレイヤー)商品一覧

MEGADETH (メガデス)商品一覧

ANTHRAX (アンスラックス)商品一覧

GUNS N' ROSES (ガンズ・アンド・ローゼズ)商品一覧

BLACK SABBATH (ブラック・サバス)商品一覧

DEF LEPPARD (デフ・レパード)商品一覧

AVENGED SEVENFOLD (アヴェンジド・セヴンフォールド)
商品一覧

BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)
商品一覧

お知らせ
2023/08/04脳出血や癌・・・HR/HMミュージシャンを蝕む病気達・・・。
こんにちは!
メタルTシャツオンラインショップ 
"METAL IS FOREVER" 店長の本間です。
 
DAIDA LAIDA, GRAND SLAM、PRESENCEなど、
日本のHR/HMシーンで活躍したギター・ヒーロー、
白田"RUDEE"一秀さんが7月29日に死去しました。
 
死因は脳出血、享年60歳の若さでした。
 
SNSによると葬儀には日本のHR/HMミュージシャンの方が多く参加していたようで、
その影響力の高さがうかがえます。
 
そして8月3日にはIRON MAIDENのSNSにて衝撃的な発表が。
 
ドラマーのNicko McBrain「ニコ・マクブレイン」が今年1月、
脳卒中で倒れていたのです。
 
幸いにも一過性脳虚血発作(TIA)、
比較的軽いものだったようです。



 


それでも肩から下が右半身マヒとなり、
自身のキャリアが終わってしまうのではと心配したそうです。
 
現在は70%ほどまで回復し、
100%まで戻すことに集中するためこの時期の発表となったとのこと。
 
数ヶ月後のカナダ公演、Power Tripでのフェスには参加予定でほっとしておりますが、
もしほんの少しでも悪い方向に行ってしまったら・・・。
 
豪快であったり、圧倒的カリスマ性があったり、
同じ世界に生きているとは思えないほど輝きを放つHR/HMミュージシャン達ですが、
それでも同じ人間ですので病気にかかってしまうこともあります。
 
今回はHR/HMミュージシャンを襲った病について、
考えてみようと思います。
 
やはり思い出すのは、Ronnie James Dio「ロニー・ジェイムス・ディオ」。
 
RAINBOWやDIO、BLACK SABBATHで、
パワフル活伸びのある安定感抜群の歌声を披露。
 
「メタル界のゴッドファーザー」とやばれるのに相応しい存在でした。
 
そんなロニーを蝕んだのは胃癌。
2009年11月に初期胃癌であることが公表されました。
 
癌と言っても早期発見早期治療できればかなりの確率で完治できるため、
初期胃癌で安心していたのですが、
残念ながら2010年5月16日に天国へと旅立ってしまいました。
 
LOUDNESS(ラウドネス)のドラマー樋口宗孝さんも癌を患い、
49歳の若さで天国に旅立ってしまいました。
 
この悲劇が与えた影響は大きく、
癌研究支援の「Ronnie James Dio Stand Up And Shout Cancer Fund」、
小児がん・若年性がん支援を目的に「樋口宗孝がん研究基金」が設立されています。
 
早期発見早期治療できれば完治の可能性が高いですが、
それでも悪いケースになってしまうこともあり、
VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)のEdward Van Halen「エドワード・ヴァン・ヘイレン」、
THE UNCROWNED(ジ・アンクラウンド)のヴォーカルSHALさんの訃報は、
今でも心に刻まれています。
 
癌を患いながら治療に成功して元気に活動しているケースも多くあり、
IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のBruce Dickinson「ブルース・ディッキンソン」は舌癌、
MAGEDETH(メガデス)のDave Mustaine「デイヴ・ムステイン」は咽頭癌、
ANTHEM(アンセム)の柴田直人さんは胃癌を克服し今でも元気に活動しています。
 
Pretty Maids(プリティ・メイズ)のヴォーカル、
Ronnie Atkins「ロニー・アトキンス」は
ステージ4の肺癌に冒されながらも、
不屈の精神で1年間で2枚のソロ・アルバムをリリースするなど精力的に活動を続け、
NIGHTWISH(ナイトウィッシュ)のヴォーカル、
Floor Jansen「フロール・ヤンセン」も、
乳癌の治療をうけ、
LOUD PARKで来日して元気な姿を見せてくれました。


 
帝王Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)も様々な病に冒され、
2003年にはパーキンソン病を患い、
他にも「ブドウ球菌感染症」、
インフルエンザの合併症、
四輪バギーでの事故による骨折など、
様々な命の危機を体験しました。
 
JUDAS PRIEST(ジューダス・プリースト)のギタリスト、
Glenn Tipton「グレン・ティプトン」も2018年にパーキンソン病を公表。
 
残念ながらツアーからは退いています。
 
PANTERA(パンテラ)、DAMAGEPLAN(ダメージプラン)、
そしてHELLYEAH(ヘルイェー)で活躍したドラマー、
Vinnie Paul(ヴィニー・ポール)は、
拡張型心筋症および冠動脈疾患により54歳の若さで死去。
 
実弟のダレルは凶弾に倒れており、
PANTERAを代表するこの2人が早くに天国に旅立ってしまったのは、
本当に悲しいです。
 
豪快で酒飲みのギタリスト、Zakk Wylde「ザック・ワイルド」は、
大のビール好きでライヴ中もビールが欠かせず、
バンド名も大好きなビール「サッポロ黒ラベル」からとった、
Black Label Societyでしたが、
2009年に足の激痛で緊急入院。
 
血栓症が判明し、
投薬治療と禁酒をせざるを得なくなってしまいました。


 
METALLICA(メタリカ)のJames Hetfield「ジェイムズ・ヘットフィールド」は
アルコール依存症のためバンド解散の危機に陥ったほどでした。
 
このバンドの危機と苦悩は映画、
「メタリカ:真実の瞬間(METALLICA: SOME KIND OF MONSTER)」で
描かれています。


 
そしてMOTLEY CRUE(モトリー・クルー)のギタリスト、
Mick Mars「ミック・マーズ」は血清反応陰性関節炎のため、
骨が固まり首を横に動かすことができないといいます。
 
また強直性脊椎炎のため2022年にはツアーも引退することとなりました。
 
超人のように見えるミュージシャン達でも、
やはり私たちと同じ人間。
 
様々な病気にかかってしまうこともあります。
 
時にそれは最悪の結果になってしまうこともあるので、
バンドと直接触れ合うことのできる貴重で重要な機会、
ライヴを今まで以上に大切にしていきたいです。

 

アクセス : 1617

涙のフェアウェルツアー!最後の来日を果たしたMR.BIGを振り返ります!

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツ専門店 METAL IS FOREVER all rights reserved.