メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

METALLICA (メタリカ)商品一覧

QUEEN (クイーン)商品一覧

JUDAS PRIEST (ジューダス・プリースト)商品一覧

HELLOWEEN (ハロウィン)商品一覧

SLAYER (スレイヤー)商品一覧

MEGADETH (メガデス)商品一覧

ANTHRAX (アンスラックス)商品一覧

GUNS N' ROSES (ガンズ・アンド・ローゼズ)商品一覧

BLACK SABBATH (ブラック・サバス)商品一覧

DEF LEPPARD (デフ・レパード)商品一覧

AVENGED SEVENFOLD (アヴェンジド・セヴンフォールド)
商品一覧

BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)
商品一覧

お知らせ
2021/06/252021年の衝撃作!HELLOWEEN(ハロウィン)新作は本当に凄かったのか!?
こんにちは。
メタルTシャツオンラインショップ 
"METAL IS FOREVER" 店長の本間です。
 
カイ・ハンセンとマイケル・キスクが復活して、
7人体制となったHELLOWEEN(ハロウィン)の新作、
HELLOWEEN「ハロウィン」聴きました!
 
実際の所、聴く前はいいアルバムが完成したのかどうか半信半疑。
 
PUMPKINS UNITEDツアーは成功したものの、
アルバム作成となると話は別。
 
守護神伝の大成功で、
多くのフォロワーを産み出すほどの存在感を見せつけるも、
その後はサウンドの迷走やメンバー間の亀裂で、
バンドは一度壊滅的状況に。
 
アンディ・デリスの加入で見事に復活を遂げましたが、
その後溝は残ったまま。
 
カイとキスクが復活するまでには、
かなりの時間を要してしまいましたし、
今のHELLOWEENサウンドにどこまでキスクがマッチするのか。
 
また守護神伝の呪縛に囚われサウンドが迷走、
またいいものを作り上げても、
聴き手側もそれを求めてしまうのではないか。
 
しかしそんな不安はありました。
 
実際に聴いてみるとそれは杞憂でした!
 
1曲目、マイケル・ヴァイカート作曲の
OUT FOR GLORYでのキスクの伸びやかなヴォーカルを聴いて、
本当に戻ってきたんだと感慨深くなり、
7分後超えを感じさせないほどあっという間に時間が過ぎてしまいました。
 
リリックビデオも公開された2曲目のFEAR OF THE FALLENでも、
キスクの伸びやかなヴォーカルが炸裂。
 
アンディ作曲の1曲と言うことで、
哀愁のメロディが美しい!
 
アンディの書いた曲をキスクが歌い上げるとは、
HELLOWEENファンにとっては夢のような体験です。


 
 
3曲目のBEST TIMEはロックなテイストのチューンで、
聴いた人なら分かりますが、
途中のカイのコーラスがクセになります!
 
カイはメインのヴォーカルとしては出てこないのですが、
コーラスのいいところで出てきて、
圧倒的な存在感を見せつけてくれます!
 
4曲目のMASS POLLUTIONはアンディがメインのスピード・チューンで、
サビ前のGo,go,go,goはアンディの真骨頂!
 
5曲目のANGELSはバラードかと思いきや、
メロディアスなミドル・チューンで、
作曲したサシャ・ゲルストナーのセンスが光る1曲となっています。
 
6曲目のRISE WITHOUT CHAINSでもアンディの作曲センスが炸裂し、
アンディとキスクの掛け合いヴォーカルが最高にカッコイイ!
 
7曲目はストレートでキャッチーなサウンドで、
ソロがどこか昔のHELLOWEENを想起させてくれます。
 
8曲目のROBOT KINGでは、
複雑に展開するプログレッシヴな曲で、
曲展開は何回なのにメロディは聴きやすい、
ヴァイキーの真骨頂な1曲!
 
9曲目のCYANIDEではストレートなアンディ節が炸裂!
キスク復帰の今作ですが、
しっかりと存在感を見せつけてくれます!
 
10曲目のDOWN IN THE DUMPでSもヴァイキーの
複雑ながらもキャッチーでメロディアスな、
天才的な作曲センスに脱帽です。
 
11曲目は1分ほどのインストORBIT、
そして現在HELLOWEENを表した、
カイ渾身の1曲SKYFALLへと繋がっていきます。


 
 
実はカイの作曲は今作ORBIT、SKYFALLと少ないのですが、
昔のHELLOWEENでもあり今のHELLOWEENでもあるこの名曲を作り上げただけでも、
カイの素晴らしさがわかるというものです。
 
カイがメインのヴォーカルはDISC2のWE ARE REALくらいですが、
コーラスなどで出てくるカイの歌声は圧巻!
 
カイの声が出てくるだけで雰囲気を一変させ、
初期HELLOWEENはGAMMA RAYのように!
 
アルバム全体としては守護神伝、KEEPER色はほとんど感じられません。
 
メロディでそれらの雰囲気を感じることはありますが、
あくまで今のHELLOWEENのサウンドがメインであり、
全体を支配していると言うことありません。
 
作曲面でも俺が俺が!という「エゴ」は感じることなく、
各メンバーが互いを引き立てあい、
それがより良い作用を産み出して、
曲のレベルがドンドン高まっている感じがします。
 
ヴォーカルに関しても、
数10年ぶりの復帰と言うことや、
ハイトーンが印象的なため若干キスク色は強いですが、
その分アンディは作曲面での充実が光り、
新生HELLOWEENをずっと支えてきたのは伊達ではありませんでした。
 
バラードは意図的に入れなかったようですが、
もしアルバムに入っていれば、
名曲であったことは間違いないですし、
キスク作曲がなかったので、
KIDS OF THE CENTURYのようなポップなメタル・チューンが、
このメンバーだとどうなったのだろうかと思った同時に、
次のアルバムも楽しみとなりました!
 
そしてこの状況ですのでライヴは当分先ですが、
早く落ち着いてライヴを見ることが出来ますように!
 
ちなみにステッカーはマイケル・キスクのノーマルでした!
 


アクセス : 346

HELLOWEEN(ハロウィン)新作もストリーミング配信!メタルも配信の時代になるのか?

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.