メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

METALLICA (メタリカ)商品一覧

QUEEN (クイーン)商品一覧

JUDAS PRIEST (ジューダス・プリースト)商品一覧

HELLOWEEN (ハロウィン)商品一覧

SLAYER (スレイヤー)商品一覧

MEGADETH (メガデス)商品一覧

ANTHRAX (アンスラックス)商品一覧

GUNS N' ROSES (ガンズ・アンド・ローゼズ)商品一覧

BLACK SABBATH (ブラック・サバス)商品一覧

DEF LEPPARD (デフ・レパード)商品一覧

AVENGED SEVENFOLD (アヴェンジド・セヴンフォールド)
商品一覧

BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)
商品一覧

お知らせ
2024/03/08無敵の盾!JUDAS PRIEST(ジューダス・プリースト)新作のInvincible Shieldが早くも名盤と大絶賛!
こんにちは!
メタルTシャツMETAL IS FOREVERの本間です。
 
リリース前日の3月5日からすでに大きな話題となっていた、
JUDAS PRIEST(ジューダス・プリースト)の19thアルバム、
Invincible Shield「インヴィンシブル・シールド」。
 
デビューアルバム、Rocka Rolla「ロッカ・ローラ」が1974年のリリースで、
デビュー50年の節目としてリリースされた記念すべき1作となります。
 
私店長本間も早速聴いてみたのですが、
はっきりいってめちゃめちゃカッコイイです!
 
約6年前、2018年リリースの前作、
Firepower「ファイアーパワー」はかなりエネルギッシュで、
大ベテランとは思えないほどのパワーとテンションに満ちあふれ、
今後これ以上のアルバムをリリースするのは難しいのでは・・・。
 
そう思っていますが楽々それを飛び越えてくるほどの最高の1作でした!
 
1stシングルとして先行で発表されていた
1曲目のPanic Attack「パニック・アタック」は、
まさかのシンセ音からスタートし、
(当時問題となったTurboへのリスペクト!?)
湿り気を持ったブリティッシュなメロディから強靱に切り刻まれるリフ、
1分20分近いですがここがまた期待感を高めてくれます!
 
そこに飛び込んでくるのはメタルゴッド、
ROB HALFORD「ロブ・ハルフォード」の強烈な歌声!
 
御年72歳とは思えないその声!
ハイトーンも衰え無しというのが本当に素晴らしい!
 
ツインリードも非常にメロディアスで、
特にラストのテンションの高い展開は、
ガッツポーズ間違い無しでしょう!


Panic Attack


 
 
そして雪崩れ込むように2曲目の
The Serpent and the King「ザ・サーペント・アンド・ザ・キング」に!
(4thシングル)
 
往年の疾走曲を思わせる1曲で、
ロブのヴォーカルもヒステリックに叫んでおり、
PAINKILLERを彷彿とさせます!


The Serpent and the King

 
 
タイトル曲でもある3曲目のInvincible Shield「インヴィンシブル・シールド」は、
現時点でのベストチューン!
 
最初の強烈なリフとドラミングから、
怒濤の疾走展開に!
 
ツインリードギターはこれでもかと哀愁が漂っており、
6分超えの曲ではありますがそのメロディアスさで
あっという間に時間が経ってしまいます!



Invincible Shield

 
 
この1〜3曲の怒濤の展開だけでも「完璧!」と言いたくなるのではないでしょうか!
 
そして4曲目のDevil in Disguise「デヴィル・イン・ディスガイズ」は、
これまでの展開とは変わってミドルチューンに。
 
ロブ得意の中音域が耳に残る1曲です。


Devil in Disguise
 
5曲目のGates of Hell「ゲイツ・オブ・ヘル」は力強いギター・リフのミドルチューン!
哀愁を漂わせながら、どこかヒロイックさもあるサビのメロディが秀逸!
ギターソロも非常にメロディアス!


Gates of Hell
 
3rdシングルでもある6曲目のCrown of Horns「クラウン・オブ・ホーン」は、
今作で一番メロディアスかつドラマティックな1作。
 
ハイトーンやスクリーミングが注目されがちなロブですが、
やはり一番魅力的なのはこういった中音域。
 
哀愁を帯びたロブの歌声が、
メロディアスなギターと相まって、
控えめに言って最高ですね。


Crown of Horns

 
 
7曲目のAs God Is My Witness「アズ・ゴッド・イズ・マイ・ウィットネス」では、
またもや攻撃的なサウンドに!
ギターソロもこれでもかと弾きまくっており、
前曲までの落ち着いた雰囲気からのギャップで一気にテンションが上がります!



As God Is My Witness


 
8曲目のTrial by Fire「トライアル・バイ・ファイアー」は2ndシングルとして発表され、
重厚なリフが鳴り響く1曲。
 
それに合わせてロブのヴォーカルも力強く、
それに相反するような浮遊感のあるギター・ソロが印象的です。


Trial by Fire

 
 
9曲目のEscape From Reality「エスケイプ・フロム・リアリティ」は、
おどろおどろしいギターリフで幕を開け、
邪悪でありながらもメロディアスなPRIESTの一面が垣間見えます。



Escape From Reality


 
10曲目のSons of Thunder「サンズ・オブ・サンダー」では、
流麗なギター・メロディが炸裂!
 
リフも往年の鋼鉄感!
 
サビ前のコーラスでは黄金期のようなメロディで、
思わず懐かしさも感じてしまいます。



Sons of Thunder



 
本編ラストを飾る11曲目のGiants in the Sky「ジャイアンツ・イン・ザ・スカイ」では、
ゴッドの持つ雄々しく荘厳な曲展開で、
中盤のクラッシック・ギター・ソロが、
曲にしっかりなじんでおり、
ロブの悲しげな歌声と相まって最後に相応しい1曲となっています。



Giants in the Sky

 
 
デラックス・エディションのボーナス・トラック3曲も、
アルバムの色とは異なるものの、
十分すぎるほどかっこよい曲で、
金銭的余裕があればデラックス・エディションを買っても損はありません。



Fight of Your Life



Vicious Circle



The Lodger


 
全体的にコンパクトにまとまっており、
一番長くてもInvincible Shieldの6分21秒。
 
他は4〜5分ほどとなっており、
気負うことなく聴くことが出来る1枚です。
 
しかしながらその内容は前述のように非常に充実しており、
黄金期とも言える80〜90年代と、
現代のサウンドが混じり合った、
JUDAS PRIESTの集大成と言える内容です。
 
最高にエクストリームな作品となったPAINKILLER(ペインキラー)リリース後、
ロブの脱退と問題作と言われたJugulator、Demolitionリリース。
 
そしてロブが復活したAngel of Retributionは、
再び神が舞い上がる最高の1作で、
Firepower「ファイアーパワー」ではそれすらも超える、
ロブ復活後の最高傑作とされましたが、
さらにそれをも超える1作を作り上げてくれました!
 
それというのもK・K・ダウニングの後任として、
2011年に加入したギタリストの、
Richie Faulkner「リッチー・フォークナー」の存在大きいですね。
 
Rob Halford「ロブ・ハルフォード」、Glenn Tipton「グレン・ティプトン」、
Ian Hill「イアン・ヒル」といった往年のメンバーは70歳を超え、
Scott Travis「スコット・トラヴィス」でも還暦を超えています。
 
ベテランは経験は抜群ですが、
やはり新しい血が流れないと、
今までと同じようなサウンドになりかねません。
 
そこにギタリストとしてのテクニックもあり、
ソングライターとしても優秀なリッチー、
さらにはプロデューサーで、
ライヴではグレンの代役を務めるAndy Sneap「アンディ・スニープ」が、
新たな風を吹き込んでいます。
 
アルバムは国内外を問わずSNSでもかなり高評価となっており、
まだ3月ながら今年最高の1枚とも言われています。
 
アルバムタイトルが示す通りの「INVINCIBLE SHIELD」、
正に「無敵の盾」ですね!
 
来日公演もしてくれるはずですのでその日が本当に楽しみです!
 
ただこれほど素晴らしい作品をリリースしながら、
ロブはインタビューで、
「奇数は好きではない」
「テレビのボリュームを上げるにしても、13はダメ、12か14なんだ。
偶数はバランスと調和なんだ」と答え、
早く次作20枚目のアルバムを考えているようです。
 
最高傑作と言える本作を超える1作、
是非とも期待したいですね!


 

アクセス : 617

CHTHONICのフレディ・リムやロニー・ロメロが亡くなったDRAGON BALL作者、鳥山明先生に哀悼の意を表しました。

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツ専門店 METAL IS FOREVER all rights reserved.