メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

METALLICA (メタリカ)商品一覧

QUEEN (クイーン)商品一覧

JUDAS PRIEST (ジューダス・プリースト)商品一覧

HELLOWEEN (ハロウィン)商品一覧

SLAYER (スレイヤー)商品一覧

MEGADETH (メガデス)商品一覧

ANTHRAX (アンスラックス)商品一覧

GUNS N' ROSES (ガンズ・アンド・ローゼズ)商品一覧

BLACK SABBATH (ブラック・サバス)商品一覧

DEF LEPPARD (デフ・レパード)商品一覧

AVENGED SEVENFOLD (アヴェンジド・セヴンフォールド)
商品一覧

BULLET FOR MY VALENTINE (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)
商品一覧

お知らせ
2021/11/12人気も知名度もあるのに・・・あのバンドの国内盤が発売されていない異常事態!
こんにちは!
メタルTシャツオンラインショップ 
"METAL IS FOREVER" 店長の本間です!
 
メタルの枠を飛び越え、
メタルもロックもサイケもオルタナもプログレも全てを飲み込んで作成された、
MASTODON(マストドン)4年ぶりのアルバム、
HUSHED & GRIM 「ハッシュド・アンド・グリム」!
 
2021年10月29日リリースされたこの8thアルバムは、
活動20周年を迎えたMASTODONの集大成とも言える、
強力な2枚組となっています。





Pushing The Tides



Teardrinker

 
 
さぞ日本でも盛り上がっているかと思いきや、
なんとこのHUSHED & GRIM、
2021年11月12日の時点では国内盤の発売が無し!
輸入盤のみの取り扱いとなっています。
 
MASTODONといえばフェス、単独で何度も来日しており、
グラミー賞にもノミネートされ、
中堅バンドとしては確固たる地位を築いているはずなのに・・・。
 
やはり背景にはお金の面がありそうです。
 
2018年の時点でギタリストのビル・ケリハーは、
今のストリーミング・サービス中心の音楽業界に警鐘を鳴らし、
支払い方法を改めるべきだとしています。
 
正直なところストリーミング・サービスは・・・。
バンドとしては儲からないようです。
 
しかしCDの売れないと言われるこの時代。
1998年をピークにCDの売上は下がり続け・・・。
とはいいますが10年前、もう少し前でしょうか。
 
このころはタワーレコードで働いていましたので、
CDはまだまだ売れていたのを体験しています。
 
アイドル系はもちろんですが、
ヴィジュアル系も売れていましたし、
メタル新作発売に、
開店してすぐ来られるお客様もいらっしゃいました。
 
DVDのBOXもよく売れる時代でした。
 
CDも国内通常盤と国内限定盤、輸入盤があれば、
多少高くとも国内限定盤が一番売れている時代でした。
 
国内盤はライナーや対訳もついているため、
バンドを深掘りするには最適なものでしたが、
その分作成のコストもかかるため、
レーベルとしては国内盤でコストがかかってしまうならば、
ストリーミングもあるため、
出さないという選択肢も出てきてしまいます。
 
世界的な人気バンドで、
4thアルバムPrequelleがビルボード初登場3位を記録した、
GHOST(ゴースト)でさえ、
このアルバムは国内盤リリースされていません。
 
IRON MAIDEN のエイドリアン・スミスと、
リッチー・コッツェンの新プロジェクト、
SMITH/KOTZENが2021年3月にリリースされましたが、
このHRHM界のビッグネームによるプロジェクトでさえ、
国内盤が出ていないのです。
 
少し前になりますがKISS(キッスの)2009年のアルバムSONIC BOOMは、
まさかの国内盤なし、輸入盤でしかリリースされていない作品でした。
 
そしてMASTODONに話を戻すと、
お金を稼ぐにはやはりツアーをするしかないようです。
 
しかしこれも簡単な話ではなく、
海外でもツアーTシャツの値段が上がっているようですが、
そこにはツアー会場側にいくらか利益を配分する必要があり、
そこでバンド側の利益を確保する必要がありますが、
そこにはバンドメンバーだけでなく裏で働く人達や、
マネジメントやツアーバス、弁護士費用など、
様々な費用が必要なため高額となっている一面があります。
 
ストリーミングはバンド、アーティスト側にとっては、
金銭面の問題があってなかなか扱いが難しいものですが、
聴く側にとってはやはり便利なんですよね。
 
僕自身はSPOTIFYを活用していますがフィジカル、
つまりCDやレコードなどの現物も購入します。
 
といってもCDはほとんど購入せず、
今年購入したCDはBODOM AFTER MIDNIGHTとHELLOWEENくらい。
 
あとはレコードでの購入でした。
 
IRON MAIDEN、HELLOWEEN、KK's PRIEST、YNGWIE MALMSTEENなど、
中古も含めて今年だけで15枚はレコードを購入しました。
 
レコードはジャケットも大きいので、
アートワークもじっくり堪能でき、
目と耳でアーティストの芸術性を感じ取ることが出来るため、
レコードを集める理由となっています。
 
これを読んでいる方は多くの方が、
フィジカルを重視し、グッズも購入されているはずですが、
今後来日ライヴが無事始まり、
いつもの日常が戻ってきた折には、
ライヴで買うアイテムを1つ増やして・・・。
 
そうすればバンド活動も安定し、
再来日やよりよい新作に繋がってくる・・・はずです!
 





 

アクセス : 140

輸入代行再開について

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.