メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

今週の鉄板勝負服!

お知らせ
2019/06/21あのアーティストが… HR/HMバンドと病気について
こんにちは。
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です。
 
スラッシュ四天王、BIG4としても今も最前線で活躍するMAGEDETH。
そのMAGADETHの中心であるデイヴ・ムステイン、
デイヴ大佐がガンであることを発表しました。
 
6月17日に自身のフェイスブックで咽頭ガンであることを発表。
そのため今年のライヴはキャンセルすることとなりました。
 
今後手術が予定されており、
90%の成功率とのことですので、
しっかり治して元気な大佐の姿を見たいものです。
 
日本国内ですと「日本人の2人に1人が生涯でがんになる」とされ、
がん以外でも様々な病気のリスクは、
生きている上で必ずあります。
 
神業のようなギターソロや、
年をとっても衰えない天を切り裂くようなシャウトなど、
年齢を感じさせないパフォーマンスをよく見ているので、
バンドマンはなんとなく病気とは無縁で、
ずっと元気に活動しているようなイメージもありますが、
今回は病気に気をつけるという警鐘の意味も込めて
バンドと病気について書いてみようと思います。
 
●ロニー・ジェイムス・ディオ
HR/HM界の最強ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオですが、
2009年末に早期の胃がんであることを発表。
早期胃がんということで復帰してくれると信じていましたが、
2010年5月16日死去。
 
その歌声はもちろん、メロイックサインを広めたこともあり、
HR/HM界の伝説となりました。


 
●ジェフ・ハンネマン
帝王SLAYERのギターのジェフ・ハンネマンは肝機能不全のため、
2013年5月2日、49歳の若さで死去。
 
自宅の裏庭で蜘蛛に噛まれたことで壊死性筋膜炎を患っており、
関連性は不明ですが、
亡くなるまで肝臓の状態については気がつかなかったとされています。
 
●グレン・ティプトン
言わずと知れたJUDAS PRIESTのギタリスト。
 
2018年に10年前からパーキンソン病を患っていることを公表。
 
ギターを弾くことは困難な状況ですが、
アンコールなどでその勇姿をまだ見せてくれます!
 
●ブルース・ディッキンソン
IRON MAIDENの最強フロントマン。
 
2014年に舌の裏にがんが見つかるも摘出し、
現在は完治しているようです。
 
●ジェイソン・ベッカー
早弾きからクラシカルなフレーズまで、
多彩な才能の天才ギタリストですが、
ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し。
 
全身麻痺で体が動かない状況でも、
コンピュータを駆使して作曲活動を行い、
アルバム・リリースも行っています!
 
IPS細胞の研究が進んで、
ALSも完治するようになればいいのですが…。
 
●エディ・ヴァン・ヘイレン
ライトハンド奏法を世に広めたギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレン。
 
2000年に舌がんが発覚し、2011年に再発。
一部切除手術を受けて、定期的に検査を行っているようです。
 
●チャック・ビリー
TESTAMENTのヴォーカリスト、チャック・ビリー。
 
精上皮腫を患うも、
治療費を賄うために西海岸出身のスラッシュメタルバンドなどが集結し、
チャリティーを開催。
 
その甲斐あってこの難病を克服しました。
 
●チャック・シュルディナー
デスメタルバンドDEATHのヴォーカル&ギターを務めたチャック・シュルディナー。
 
1999年5月脳腫瘍が発覚。
腫瘍の摘出手術は成功するものの、
手術費用捻出が困難で募金、オークション、コンサートなどにより費用が集められました。
 
しかし2年後の2001年5月、脳腫瘍が再発し、
34歳という若さで死去。
 
才能あるミュージシャン早逝ということでも話題となりましたが、
高額の手術費用、アメリカの医療保険制度も問題となりました。
 
●梅原達也
 
44MAGNUMのヴォーカリスト梅原達也さんは、
2006年に若年性パーキンソン病であることを公表。
 
闘病手術を経て復活ライヴを行いました!
 
●Re:NO
ALDIOUSのヴォーカリストRe:NOさん。
 
耳管開放症という耳の病気を患い、
治療のために脱退しました。
 
●樋口宗孝
LOUDNESSのドラマー樋口宗孝さん。
 
肝細胞癌のため2008年11月30日死去。
 
その影響力は大きく、
日本海外のHR/HM勢はもちろん、
それ以外も様々なジャンルの著名人が追悼のコメントをだしました。


 
●鈴木政行
LOUDNESSのドラマーで通称「あんぱん」の鈴木政行さん。
 
2018年に軽度の脳梗塞を発症。
 
療養生活を経てLOUDNESSに復帰しました。



 
残念ながら死去してしまい、
2度とその勇姿を見ることが出来ないのは悲しいですが、
難病を乗り越えたケースもたくさんあります。
 
年を取ると病気のリスクも高まるため、
来日していつもは見ることが出来た黄金期のメンバーが、
「今では見られない…。それならあのとき無理にでもライヴに行っておけばよかった!」
なんてことのないように、
無理の無い範囲でライヴは見に行って方がいいです!
 
後は自分自身の体ですね!
 
早期発見すればがんなども治すことの出来る病気になっているので、
健康診断はしっかり受けておいた方が絶対にいいです!
 
健康に気をつけてずっと熱いHR/HM生活を送っていきましょう!

アクセス : 284

KISS最後の来日!そのチケット金額が凄い!

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.