メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

お知らせ
2018/12/14DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN、第2弾バンドについて解説!
こんにちは。
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です!
 
来年2019年3月に開催されるDOWNLOAD JAPAN 2019、
ついに第2弾アーティストが発表されました!
 
ニュージーランド出身のモダン・ハードロック・バンドLIKE A STORM、
男女3人のスクリーム・ボーカル、クリーン・ボーカルが印象的なAMARANTHE、
日本からはMAN WITH A MISSION、
そしてカナダの世界的パンクバンドSUM 41の4バンドがラインナップ!
 
そこで今回は第2弾発表のアーティストが一体どんなものなのか解説します!
 
LIKE A STORMはニュージーランド オークランドで結成されたバンド。
 
クリス(Vo, G)、マット(G)、ケント(B)の
ブルックス3兄弟を中心に結成されたバンドで、
轟音と哀愁のメロディが交差するヘヴィロック!
最大の特徴はオーストラリアの先住民、
アボリジニーの民族楽器「ディジェリドゥー」を持ちいた、
ダークで浮遊感のあるサウンド!
 
このディジェリドゥーがLIKE A STORMのサウンドを唯一無二のものにしています。
 
これがライヴで聴くとどんなサウンドになるのか気になる所です!



 
AMARANTHEはスウェーデン出身のメタルコア・バンド。
LOUDPARKや単独でも来日しており、
もう日本でもお馴染みの存在!
 
そしてバンドのウリはスクリーム・ボーカル、クリーン・ボーカルの
男女3人混声の特徴的スタイル!
 
効果的に使われるシンセサイザーもバンドに深みを持たせ、
唯一無二のサウンドを構築しています!
 
Voジェイク・Eが2017年に脱退しましたが、
DYNAZTYのニルス・モーリンが新Voとして加入!
 
新ラインナップとして初のアルバム「HELIX」も10月にリリースされ、
DOWNLOAD JAPANでは新生AMARANTHEとしてその魅力を発揮してくれるでしょう!



 
MAN WITH A MISSIONは日本のバンドで、
一番の特徴はメンバー全員がオオカミのかぶり物をしていること!
頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体という設定で、
そのため色物か!?と思われがちですが、
ヘヴィ・ロックを基調とし、
日本語と英語を交えた歌詞のミクスチャー・サウンドでが特徴!
 
メタルファンにとって名前は知っていてもライヴを見る機会はなかなかないバンドのため、
DOWNLOAD JAPANではどんな盛り上がりを見せてくれるのか気になる所です!



 
そしてSUM 41!
代表曲多数収録の「Does This Look Infected?」を始めとして、
キャッチーなメロディのパンク・サウンドは世界、日本でも大ヒットとなりました。
 
しかし「DOWNLOADにSUM 41か〜」と
否定的な感情を持つ方もいると思います。
 
代表曲である「STILL WAITING」はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?


 
LODU PARKが今年開催されず、
待望のフェスだったのでできるだけメタルバンドをラインナップして欲しいという気持ちは痛いほど分かります。
 
しかしDOWNLOAD FESTIVALのラインナップは元々、
メタルに限らずパンク、グランジ、ミクスチャーなど様々ですし、
LOUD PARKが今年開催されなかったのも客足が伸びなくなってきたのが大きな理由で、
メタルだけに特化したDOWNLOAD FESTIVALだと
LOUD PARKの二の舞となり1回だけの開催の可能性も…。
 
でも実はSUM 41はメタルと遠いバンドではないんです!
「Does This Look Infected?」ではメタル的要素が盛り込まれ、
次作の「Chuck」ではSUM 41史上最もメタルなアルバムで、
こんな曲も…。
 
 
「BITTER END」という曲ですがどこかで聴いたようなリフにメロディ…。
 
あのMETALLICAの「BATTERY」をパロディとしてやっています!
 
アメリカのテレビMTVではMETALLICAの「MASTER OF PUPPETS」を披露し、
さらにはロブ・ハルフォード、トミー・リーとの異色の共演も!


 
ギタリストのデイヴ・バクシュがメタル・ファンで、
曲にメタル要素を取り入れていたのもこのデイヴのようです!
 
OZZY OSBOURNEにSLAYER、
ANTHRAX、ARCH ENEMY、HALESTORM、
そして今回追加の4バンドと、
DOWNLOAD FESTIVALらしいバラエティに富んだラインナップとなりました!
 
そして今回来日するバンドの単独公演が一切無いことも告知!
 
OZZY OSBOURNEもSLAYERも単独公演なしなので、
本当に伝説のライヴとなりそうです!

アクセス : 404

DOWNLOAD JAPAN 2019、待望の第2弾アーティストが遂に発表!

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.