メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

お知らせ
2018/10/19DOWNLOAD JAPANに行くべき10の理由!
こんにちは。
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です!
 
DOWNLOAD JAPAN 2019の第1弾バンドが決定!
ヘッドライナーにOZZY OSBOURNE、
SLAYER、ANTHRAX、ARCH ENEMY、HALESTORM!
 
しかしながら第2弾以降のバンドがどうなるか不安、
祝日とはいえ木曜開催、幕張メッセはアクセスが不便、
LOUD PARKとオズフェスを合わせたイベントっぽいなど意見が出ていますが、
DOWNLOAD JAPAN 2019に行くべき
10の理由をまとめました!
 
まずは【1】はDOWNLOAD FESTIVAL初の日本開催であること!
世界的ロックフェスであり、
公演があるのは本場のイギリス公演に加え、
フランス、スペイン、オーストラリアと
開催される国はそう多くはありません。
 
2018年はLOUD PARKがなかったわけですが、
理由の一つとして年々客数が減少し利益が出なくなってきたため、
開催が見送られました。
 
DOWNLOAD JAPANが成功、
つまり利益がしっかり取れるとなれば、
毎年ではなくとも今後も日本で開催してくれる可能性が高くなります。
 
【2】OZZY OSBOURNEはNo More Tours 2、
2020年までの開催を予定しているファイナル・ツアーでの来日となります。
 
BLACK SABBATHはすでにファイナル・ツアーを終え、
2017年に約50年に渡る活動の幕を閉じました。
 
復活の可能性についてはトニー・アイオミが含みを持たせているとはいえ、
OZZY OSBOURNEソロとしての来日公演は、
これが最後になってもおかしくありません。
 
【3】SLAYERも同じくThe Final Tour、
ファイナル・ツアーとしての来日です。
 
今までLOUD PARKで何度もヘッドライナーを務めてきたSLAYERですが、
今後は慣れ親しんだLOUD PARKでSLAYERの名前が見当たらないなんてことも…。
 
単独公演はDOWNLOAD JAPAN近辺にあるかもしれないですが、
フェスでのSLAYERの勇姿は目に焼き付けておくべきでしょう。
 
【4】オジー、SLAYER、どちらもファイナル・ツアー終了後に、
単発でライヴを行う可能性も0ではないですが、
年齢的に若いバンドでは無いため、
病気、ケガなどでいつものラインナップで見ることが出来なくなり事も。
 
JUDAS PRIESTが11月に来日しますが、
両翼であるグレンが病気、K.K.ダウニングが脱退と、
黄金のラインナップはもう見ることが出来なくなっています。
 
ロニー・ジェイムス・ディオも胃がんのため、
病気発表からかなり早く無くなってしまい、
所謂レジェンドと呼ばれるバンドは、
行けるタイミングでライヴに行っていた方が絶対にいいです。
 
【5】ANTHRAXについてですが、
SLAYERと同じくLOUD PARKでもよくライヴを行っていますが、
やはりどちらもBIG 4(スラッシュ四天王)なのが大きいです!
SLAYERがファイナル・ツアーのため、
今後BIG 4ライヴの可能性は薄くなり、
なおかつ日本でBIG 4がとなるとその可能性はより薄くなります。
 
BIG 4の半分とはいえSLAYERとともに一緒に見ておくべきです!
 
【6】ARCH ENEMYはご存じLOUD PARKの常連。
毎年LOUD PARKでほとんどあったアモット枠を
2018年は味わえなかったのは悲しすぎです。
 
このストレスをDOWNLOAD JAPANで解消するのはもちろん、
加入当初は遠慮がちで馴染んでいなかったVoアリッサも、
ライヴを見るたびにARCH ENEMYに合ってきています!
 
来日頻度は高いとはいえ、
確実にチェックしておくべきでしょう。
 
初期メンバーで組んだBLACK EARTHがあるため、
初期の3枚の曲をやらないのはネックですが…。
 
【7】アメリカ出身のハードロックバンドHALESTORM。
ARCH ENEMYと同じく女性Voがつとめていますが、
このVoリジー・ヘイルの歌声が凄まじい!
 
パワフルかつエネルギーに満ちあふれたVoは、
女性ハードロックヴォーカリストとしては最高峰の歌声です!


 
以前LOUD PARKでも来日はしましたが、
NAGLFARとHALESTORMが被っていたため、
僕は迷いに迷って今後生で見る機会のなさそうなNAGLFARを見ることに。
 
結局気になってNAGLFARを途中で抜けてHALESTORMも見ましたが、
あのパワフルVoは絶対に生で見ておくべきです!
 
【8】DOWNLOAD JAPANが開催されるのは幕張メッセ。
LOUD PARKだとここ数年はさいたまスーパーアリーナで行われ、
交通の便もいいのですが、
幕張メッセだとちょっと時間がかかることに。
 
さらに大半の人は京葉線を使うのですが、
強風が吹くと止まりやすいとのこと。
 
今後LOUD PARKや他のメタルイベントが幕張メッセで開かれることも考え、
今のうちに幕張メッセに慣れておくのはありです!
 
【9】2018年はLOUD PARKがなかったため、
HR/HMに飢えた人達がたくさん集まることになります。
 
黒いTシャツに身を包んだ集団を見るだけで、
「あぁ、メタラーはまだこんなにたくさんいるんだ!」と心の底から安心するはず。
 
ライヴを見る以外にも、
たくさんの仲間を見つけるだけで、
メタルをこれからも愛していこうと生きる活力が沸いてくるはずです。
 
【10】LOUD PARKではラウパガール、
SUMMER SONICではサマソニガールと、
フェスでは美人なおねーさん達も魅力です。
 
3月開催のため露出度は低そうですが、
一体どんなおねーさん達が僕らを楽しませてくれるのでしょうか!?
 
今回行くべき理由を10個書きましたが、
VIPチケットはすでに売り切れ、
熱くなること間違いなしのイベントですので、
できる限り行っておいた方がいいですよ!
 
一般発売は来年1/12からなので、
行く予定の方はチケットとともに宿の手配をお忘れ無く!

アクセス : 314

YUIMETALがBABYMETALを脱退へ

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.