メタルTシャツショップ「METAL IS FOREVER」にようこそ!

  • トップページ
  • 商品一覧
  • ショップについて
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

メタルで英語を覚えるメタル英語レッスン動画

お気に入りのTシャツを長く着続けるためのTシャツ洗濯、保管術

お知らせ
2018/07/20夏フェス、ライヴ時の熱中症対策!
こんにちは。
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です!
 
 
いよいよ夏本番!の前にすでに暑い日が続いており、
30度どころか35度を超える地域をたくさんありますが、
いかがお過ごしでしょうか?
 
今回は夏フェス、ライヴ時の熱中症対策についてです!
 
まず熱中症の諸症状はどんなものがあるか覚えておきましょう。
 
初期症状としては
体のだるさ、めまい、立ちくらみ、頭が回らない」などがあります。
 
汗をかいてミネラルが抜けてしまうことで、
足などがつってしまう、けいれん」などがおきます。
 
そして重篤化すると「意識を失ってしまう」ことがあります。
 
もし熱中症になってしまうとせっかくの楽しいフェスも楽しめなくなってしまうので、
こうならないのが理想ですが、
体のだるさ、めまいを感じたら、
すぐに休憩を取るようにしましょう。
(もちろん日陰で)
 
まず熱中症にならないためには
水分の補給が一番重要です!
 
通常であればのどが渇いてから飲みますが、
のどが渇く前に水分は補給しておきましょう。
 
500mlのペットボトルが1本あるとすると、
お目当てのライヴが始まる前に半分ほど、
残りをライヴ中、ライヴ後に飲むようにして効果的に水分を補給していきましょう。
(そのためペットボトルホルダーは必須アイテム!)
 
脱水症状の簡単な調べ方として、
手の甲をつまんで2秒以上戻らない場合は、
脱水症状なので覚えておきましょう。
 
汗をかくと水分だけでなくミネラル、塩分も出て行ってしまうため、
塩分の補給、塩飴なども念のため持っておくといいです。
 
TRIVIUMを見に一度サマソニに行きましたが
(2008年なのでもう10年前ですね)
スポーツドリンクの消費量は半端なかったです!
 
500mlのペットボトル一気飲みも余裕なほどのどが渇いて、
1日で10本ほどは飲んだ気が…。
 
その他熱中症対策アイテムとしてキャップ、タオルは必須アイテムです。
特にタオルは頭に巻いてキャップ代わり、
水を含ませて冷却用にと使いやすいため、
2本以上持っておいてもいいアイテムです。
 
その他のアイテムとしては冷却スプレー、冷却シートも余裕があれば持参したいアイテムです。
 
さてTシャツについてですが、
HR/HMのTシャツというとやはり黒!
 
しかし黒は熱を吸収しやすいという弱点が!
その代わりに紫外線を反射するため皮膚には優しいという利点が。
 
白のTシャツはというと熱は吸収しにくいものの、
紫外線をあまり吸収せず、日焼けしやすいという弱点が。
 
黄色のTシャツであれば熱を吸収しにくく、
紫外線も反射するというありがたい色ですが、
なかなかHR/HM系で黄色はないですね(苦笑)


 
それではフェスではなく屋内ライヴハウスでの熱中症対策はどうでしょうか?
 
屋内または睡眠時でも熱中症の危険があるように、
ライヴハウスでも熱中症には注意しなくてはならないのです。
 
ライヴハウスだとエアコンが入っていても、
人が多く、ライトもあるため気温は上がります。
 
基本的には締め切りで風通しもよくないため。
屋内であっても事前に水分はしっかりとっておきましょう。
 
ライヴ中はテンションが上がってしまってますので、
なかなかわかりにくいですが、
そして「ちょっとやばいかな…」と異変を感じたら、
ライヴ中であっても休憩した方がいいです。
 
また周りで気分が悪そうな人がいたら、
声をかける、意識がはっきりしないようなら、
すぐにスタッフに声をかけると行った措置も必要です。
 
僕も以前ライヴを見ているときにちょっとクラクラしたことがありました。
 
周りの人達に助けてもらって事なきをえましたが、
自分は大丈夫だと過信しないほうがいいですね。
 
今年はサマソニにBULLET FOR MY VALENTINE、MASTODONが参戦と、
かなり熱〜いフェスとなりますので
熱中症に気をつけて楽しんできてください!

 

アクセス : 251

2019年にANAAL NATHRAKHの来日が決定!

お知らせ一覧

ページトップへ

Copyright (c) メタルTシャツショップ METAL IS FOREVER all rights reserved.